沿岸域の海況予測手法の開発(11)

沿岸域の海況予測手法の開発(11)

課題番号1992005056
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題水域特性の総合評価技術の確立
大課題東北海域における海洋特性の総合評価技術の確立
中課題海況予測手法の開発
小課題沿岸域の海況予測手法の開発(11)
摘要黒潮続流の流路は絶えず変動しており,その変動が東北海区の沿岸域の海況を左右する要因の一つになっている.本年は黒潮続流流軸の100m深における指標水温を統計的に算出し,実用に際しての誤差の程度も検討した.その結果16〜19℃の範囲で季節的に変化する指標水温を用いれば,98%の場合高々15海里の誤差で黒潮続流流軸の位置を決定できることが示された.この研究により従来流れの資料と200m深の水温分布によって決められていた黒潮続流の位置が100m深の水温分布だけからでもほぼ正確に把握できるようになった.このことは今後の本海域の海況予測にとっておおいに役立つものと期待される.
研究分担海洋環境・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031192
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat