ババガレイ卵・稚仔の採集方法の改善と定量的評価方法の開発(14)

ババガレイ卵・稚仔の採集方法の改善と定量的評価方法の開発(14)

課題番号1992005058
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題水域特性の総合評価技術の確立
大課題東北海域における海洋特性の総合評価技術の確立
中課題環境モニタリング手法の開発
小課題ババガレイ卵・稚仔の採集方法の改善と定量的評価方法の開発(14)
摘要3年4月にわかたか丸により、MTDネットとニューストンネットを用いた卵・稚仔魚に関する調査を実施した。ニューストンネットによる採集では、卵の採集数は2年よりは多かったが、元年よりは少なかった。卵は岸よりの調査点で多く採集され、10カイリ程度の範囲内にパッチ状に分布していることが明らかになった。MTDネットによる同時多層採集の結果、ババガレイ卵は表層に最も多く分布するものの、水深5〜15m層まである程度分布することが明らかになった。したがって、表層曳網による方法では卵の分布量は過小推定になると考えられ、下層における卵の分布量を補正することが必要である。
研究分担八戸・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031194
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat