サンマ成魚の成長

サンマ成魚の成長

課題番号1992005067
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の生物特性の解明
中課題重要魚類の生理・生態の解明
小課題サンマ成魚の成長
摘要3年度までのサンマ仔稚魚飼育では、成魚の成長に関する知見を得ることができなかった。走査型電子顕微鏡では、成魚の耳石に600本前後の日輪が観察されるという知見も得られている。また、近年体長32■以上の特大型魚が多数漁獲される傾向があり、その年齢についての関心が高まっている。成熟可能な体長に達した以降の成長を耳石解析によって明らかにし、季節別発生群と漁獲物の銘柄との関係を確認することを目的とする。本年度は、光学顕微鏡下で耳石の内部構造によって日輪判読を試みるとともに、走査型電子顕微鏡によって研磨面からの日輪判読を行い、両観察法による結果の比較から、成魚耳石の日輪観察法を確立する。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031203
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat