北上期・索餌期におけるサンマの摂餌生態と肥満度の関係

北上期・索餌期におけるサンマの摂餌生態と肥満度の関係

課題番号1992005068
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の生物特性の解明
中課題重要魚類の生理・生態の解明
小課題北上期・索餌期におけるサンマの摂餌生態と肥満度の関係
摘要現在サンマの資源量の予測では、資源尾数の推定が中心となっている。しかし、資源予測の際には重量の予測も併せて行う必要があり、このためには魚体の肥満度を考慮することが不可欠である。本研究ではサンマの肥満度を左右する要因を究明し、得られた結果を資源重量の推定に応用することを目的とする。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031204
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat