サンマ仔稚魚の生残過程の時空間的差異の解明

サンマ仔稚魚の生残過程の時空間的差異の解明

課題番号1992005076
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の変動機構の解明
中課題資源量推定方法の選択・改善・開発と資源量の把握
小課題サンマ仔稚魚の生残過程の時空間的差異の解明
摘要耳石日輪解析手法によって得られたサンマ生活史に関する新しい知見を基本として、2年度より新たにサンマ発生水準調査が組織された。この調査は季節・海域別に成長速度・生残・生産尾数を求めることにより、体長50mmの時点での資源量を推定するものである。現在この情報を用いて漁期における型別資源尾数推定を行っている。本研究の目的は各季節海域毎の成長速度・生残・生産尾数がどのような機構によって決定されているのかを解明することにある。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031212
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat