マサバ・マイワシの漁況予報(37)

マサバ・マイワシの漁況予報(37)

課題番号1992005084
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継S38〜H05
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の変動機構の解明
中課題資源量変動要因の解明と変動の予測
小課題マサバ・マイワシの漁況予報(37)
摘要三陸海域のマサバは資源に回復の兆しが見られず、形成されるまき網漁場にはあまり持続性が無く、漁期も短いため漁獲量は前年を下回ると予測し、結果も予測通りとなった。東北海域全体でも同様の傾向が認められたが、原因は資源水準が極めて低いためと考えられた。マイワシは、諸調査等の結果から63年級以降の年級群の資源水準は低く、漁獲は前年を下回るとの予測をし、結果も予測の通りであった。現在の漁獲は62年級以前の高齢魚に支えられており、若齢魚の割合は極めて少ない。資源水準低下のために成長が良くなり、若齢魚の体長が大きくなってきて、過去の資源低水準期の様相に近づいている。
研究分担八戸・浮魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031220
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat