東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握

東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握

課題番号1992005111
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題増養殖場の管理技術の確立
大課題東北海域における増養殖場管理システムの確立
中課題リアス式海岸内湾域における管理技術の開発
小課題東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握
摘要東北海域では、ホタテガイ、カキ等の貝類養殖が沿岸漁業の重要な柱になっているが、Alexandrium tamarense、Dinophysis fortiiなど有毒プランクトンの摂餌によって、ホタテガイが下痢性および麻痺性の貝毒を蓄積して、毒化する現象が頻発し、出荷規制等が行われている。近年、ホタテガイの毒化期間の長期化、毒化する貝の種類の増加など、貝類が毒化する現象は拡大する傾向がみられる。そこで、貝類養殖漁家の経営安定と安全な食品を提供するとの観点から、本課題をとりあげ、東北ブロック管内の試験調査機関の協力を得て、青森県から茨城県にいたる東北海域全般にわたる毒化プランクトンの発生状況を把握するとともに、その動向を解析して、貝毒発生予知法の開発に資する。
研究分担資源増殖・増殖漁研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031247
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat