温暖地向け加工用優良甘しょ品種の育成

温暖地向け加工用優良甘しょ品種の育成

課題番号1992000054
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H03〜H13
年度1992
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物の安定的高品質・多収品種の育成
中課題甘しょの高品質・多収品種の育成
小課題温暖地向け加工用優良甘しょ品種の育成
摘要多収、耐病虫性で加工適性の優れた食品加工用品種の育成を実施。実生では11組合せ3210個体を供試し11組合せ111個体を選抜。系統選抜では7組合せ42のアントシアン色素発現系統を2種類の試験に供試し、色素含量が高くタマユタカ並に多収な2組合せ6系統を選抜。生産力検定予備では15系統を2種の収量試験及び5種の耐病性検定に供試し、2系統(関系46〜47)を新たに選抜するとともに2系統を保留とし、系統適応性試験に供試の予定。生産力検定では5系統を生検予備と同種類の試験に供試し、3系統は再検討することとして保留した。この内、関東101号は蒸切干用として茨城県で大量試作の希望があり、平成3年12月に種苗登録申請を行った。
研究分担作物開発・甘しょ育研(畑作育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031304
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat