強抗酸化・良質・多収ごま品種の育成

強抗酸化・良質・多収ごま品種の育成

課題番号1992000057
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H04〜H13
年度1992
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物の安定的高品質・多収品種の育成
中課題資源作物の高品質・多収品種の育成
小課題強抗酸化・良質・多収ごま品種の育成
摘要ごま油は抗酸化性が強く、品質的評価が高い。抗酸化性物質としてリグナム系の物質の特性が解明され、セサモリン(非抗酸化性)がセサモ−ル等の抗酸化性物質の前駆体であることが明らかになっている。これらリグナム系の物質は油の保存・安定性に寄与するだけでなく、過酸化反応抑制、変異原物質の変異原性抑制等の機能性も評価されてきている。需給関係では、ごまの消費量は急増しており、品質要求度が高い食品用ごまは海外からの供給が不安定である。ごまには優良品種がないので、抗酸化性物質を高度に含有する強抗酸化性の中間母本を育成し、抗酸化性のほか種子の外観・色調、香り等の優れた多収品種を育成する。
研究分担作物開発・資源作育研(畑作育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031307
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat