多収小麦の物質生産機構の解明(78)

多収小麦の物質生産機構の解明(78)

課題番号1992000088
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の物質生産機能の生理生態的解明
小課題多収小麦の物質生産機構の解明(78)
摘要昨年度にひき続き多収小麦品種の選定を行った.生育特性の異なる7品種を比較したところ,1平方メートルあたりの子実収量はバンドウワセ(703g),農林61号(655g),アサカゼコムギ(639g),関東107号(630g),サビ系50号(619g),ワカマツコムギ(565g),Norman(282g)の順に高かった.なお,早生品種は収量が高く,晩性品種は収量が低い傾向にあった.早生品種であるバンドウワセは前年は凍霜害の発生のため子実収量が低かったが,本年は凍霜害の発生がみられなかったため,高い収量が得られた.従って,凍霜害の発生が起こらないと仮定した場合の多収小麦品種としてバンドウワセを選定した.
研究分担生理品質・麦栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031338
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat