富栄養の作物栄養生理と診断法の確立(69)

富栄養の作物栄養生理と診断法の確立(69)

課題番号1992000095
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継S63〜H05
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物栄養の診断技術の開発
小課題富栄養の作物栄養生理と診断法の確立(69)
摘要養分富化がもたらす作物の生理学的問題を解析し、診断のための資料とする。山梨の土壌塩類濃度の高い施設のキュウリから、黄白化した葉をサンプリングし、障害の程度に分けて、カチオンとアニオンの分析をおこなった。葉の障害程度とN、K濃度は逆相関し、P、Ca、Mg濃度は正の相関を示したが、Fe、Mnとは相関がみられなかった。カチオンの内Caの割合は高く、これに対応するアニオンは炭酸であった。炭酸の起源を推定するためにその13C自然存在比を測定したところ、−15〜−18パーミルであった。これは炭酸が代謝(呼吸)で生成されたものであることを示唆している。以上の結果から、土壌中のCaは硝酸イオン、塩素イオンによって可溶化されキュウリに吸収され、この際Kの吸収は低下する。葉での硝酸イオンの代謝そしてNの再転流でN含有率は低下、下位葉では炭酸カルシウムが沈着したとみられる。
研究分担土壌肥料・栄養診断研(診断班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031345
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat