耕地における栄養塩類等の挙動と流出抑制(107)

耕地における栄養塩類等の挙動と流出抑制(107)

課題番号1992000119
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地土壌環境の診断技術と管理技術の確立
中課題土壌環境の管理技術の開発
小課題耕地における栄養塩類等の挙動と流出抑制(107)
摘要二段施肥および表層施肥(対照区)を行った水田において、中干し前後の深さ40cmの土壌水中窒素濃度を詳細に調査したところ、いずれも 0.6mg/L以下となり、中干しが水田からの窒素の流出量を増大させないことを明らかにした。本年度は二段施肥区の施肥量を対照区よりも 20〜31%減じたが、二段施肥区は収量で 13〜17%、食味計による食味値で 11〜14%対照区を上回り、施肥直後の田面水への窒素の流出が少ないことと併せて、二段施肥の利点が示された。また水田中に立てたうね上に生食用とうもろこしを栽培する方法を試み、高さ40cmのうねで 2.04t/10aの収量をあげ、水田の浄化機能を活用したとうもろこし栽培の可能性を示した。
研究分担土壌肥料・水質保全研(水質保全班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031369
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat