耕地における水質浄化技術の開発(108)

耕地における水質浄化技術の開発(108)

課題番号1992000120
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地土壌環境の診断技術と管理技術の確立
中課題土壌環境の管理技術の開発
小課題耕地における水質浄化技術の開発(108)
摘要濾材上に植物を栽植した汚水処理装置(バイオジオフィルタ−)の処理能力向上のため、これに適した濾材と植物の検索を行なった。卓上規模での試験から、ゼオライトを含むものが濾材として優れ、また植物の種類が処理能力に大きく影響することが分った。そこで、ゼオライトを充填したバイオジオフィルター水路(4x0.4x0.4Hm)を用い、食用以外の用途に利用可能な13種類の植物の窒素・リン除去能を比較した結果、窒素除去能は、ケナフ、パピルス、ソルガム、アシ、ハナナが、リン除去能はケナフ、パピルス、ハトムギ、ソルガムが優れていた。ケナフは紙の原料として注目されており、またパピルスは古代の紙の原料であったことから、本装置に高い付加価値を与える植物と評価できる。
研究分担土壌肥料・水質保全研(水質保全班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031370
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat