大豆シスト線虫レース判別技術の開発とレース別育種材料の検定(150)

大豆シスト線虫レース判別技術の開発とレース別育種材料の検定(150)

課題番号1992000166
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完S00〜S00
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題大豆シスト線虫レース判別技術の開発とレース別育種材料の検定(150)
摘要ダイズシストは環境抵抗及び薬剤に対する感受性が低く、防除が極めて困難で、低収益性のため高価な薬剤防除ができず、抵抗性品種に頼らざるを得ない。ここでは抵抗性の解明と生態的防除法の開発をめざして、感受性品種(エンレイ)と抵抗性品種(系統:東山93号)の3連作による線虫密度の推移と加害様相を解析した。東山93号ではシスト幼虫の検出が少なく、顕著な線虫密度抑制効果を実証できたが、サツマイモネコブ幼虫が多数検出され、本品種がネコブを増殖させることを見いだした。また、エンレイはシスト・ネコブ両線虫に対して感受性を示した。従って、ダイズ線虫害回避対策としては、ダイズシスト抵抗性に加え、ネコブ抵抗性にも配慮すべきことが示唆された。
研究分担病害虫防除・線虫害研(線虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat