水田一年生雑草の種子発芽特性と生態(161)

水田一年生雑草の種子発芽特性と生態(161)

課題番号1992000176
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地生態系における雑草の制御法の確立
中課題雑草の生理生態的特性の解明
小課題水田一年生雑草の種子発芽特性と生態(161)
摘要水田一年生雑草の発生生態について、代かき前の土壌水分条件との関係を検討した。一年生雑草の発生草種,出芽時期,出芽深度は、代かき前の土壌水分条件による差はみられなかった。雑草の発生本数は、土壌水分が湿潤状態の区よりも乾燥状態の区の方が多かった。また一年生広葉雑草の代表的草種であるコナギについては、開花時期とその種子の千粒重及び発芽率に関する試験を行った。コナギの開花始期は個体によって大きく異なり、7月下旬に開花を始める個体から9月中旬に開花を始める個体まであった。採取後1カ月の種子の発芽率と開花時期,千粒重との関係は、開花日が遅くなるほど、あるいは千粒重が小さいほど発芽率が高かった。
研究分担耕地利用・水田雑草研(雑草班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031426
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat