雑草発生診断による効率的防除技術の開発(169)

雑草発生診断による効率的防除技術の開発(169)

課題番号1992000184
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地生態系における雑草の制御法の確立
中課題雑草の制御技術の開発
小課題雑草発生診断による効率的防除技術の開発(169)
摘要雑草の発生前あるいは発生後の初期の段階で,雑草害を事前に予測し,適切な防除手段を構ずるための「雑草防除意志決定支援システム」を構築した。本システムは,■対象圃場において,耕起後作物播種前に雑草の発生を予測するサブシステム,■対象とする雑草および作物の成長ならびに発育過程を主として気象要因との関連で予測するサブシステム,■上記■と■を結合して構築する雑草害診断予測サブシステム,■毎日の気象情報を予測する気象情報予測模擬サブシステムで構成される。本システムは大豆栽培における除草剤の効率的使用を可能にするが,本システムをより幅広く利用できるようにするためには,各作物毎のデータベースを組み込む必要がある。
研究分担耕地利用・畑雑草研(雑草班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031434
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat