耕地の作目転換利用効果の解析(212)

耕地の作目転換利用効果の解析(212)

課題番号1992000195
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H07
年度1992
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題持続的高生産性耕地利用技術の確立
中課題耕地利用方式による作物生産機能の変動機構の解明
小課題耕地の作目転換利用効果の解析(212)
摘要近年、畑地では特定の作物の専作化や土地利用の単純化が進行している。これに伴い、連作障害や化学肥料の多投による生育障害が多発し、生産の不安定化、品質低下が顕在化している。これら問題の解決は、個別農家の対応では相当困難になってきており、地域的な広がりの中で、畑地の管理法を考えていくことが必要となっている。そこで、■普通畑に導入した飼料作物・牧草の土壌環境改善効果の解析、■飼料作物・牧草跡地を有効利用する畑作物の選定と土壌管理法の検討を行なう。平成3年度は、牧草畑を造成するとともに、造成前の土壌物理性を調査した。
研究分担耕地利用・作付体系研(作付体系班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031445
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat