高品質加工トマトの選定(209)

高品質加工トマトの選定(209)

課題番号1992000207
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題持続的高生産性耕地利用技術の確立
中課題耕地における合理的作付体系の開発
小課題高品質加工トマトの選定(209)
摘要加工用トマト10品種の新用途適性を検討した。収量は盛岡7号、次いでカゴメ77、ビーキング、盛岡22号が多かった。果実の糖度は4%程度でやや低く品種間差が小さかったが、酸度はカゴメ77が高かった。加工用トマトの経験の無いパネラーによる生食用としての評価(欠点)は■皮の硬さ>>■甘味不足>■酸度不足>■風味不足であり、思い付く用途は■サラダ■ケチャップで、これ以外は少数にすぎないが、低価格であれば、4割が購入の意志を示した。食味は甘味、酸味が重要で、食味評点の高いH1439、カゴメ77はこれらの測定値が高かった。また、簡易な調理で食味が相当に改善され、サラダ用としては十分利用できると評価された。
研究分担耕地利用・野菜導入研(野菜導入班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031457
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat