輪換畑における土壌水分管理による高品質野菜生産技術の開発(211)

輪換畑における土壌水分管理による高品質野菜生産技術の開発(211)

課題番号1992000208
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題持続的高生産性耕地利用技術の確立
中課題耕地における合理的作付体系の開発
小課題輪換畑における土壌水分管理による高品質野菜生産技術の開発(211)
摘要地下水位の高い転換畑での野菜の高品質生産のため、ホウレンソウを対象に地下水位と生育・品質の関係を検討した。その結果、水位一定の場合は45cmが最も良く、30cmでは明かに生育が低下した。水位を生育後半に10cm上昇させる処理では、55−45cm区でも減収、葉色の低下が見られ、地下水位上昇の悪影響の大きいことを確認した。一方、全糖、ビタミンCなどは水位の高い程高い傾向であり、収量・外観と品質構成成分は逆の傾向であった。
研究分担耕地利用・野菜導入研(野菜導入班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031458
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat