農地利用権一括設定型大規模水田輪作営農のモデル化手法の開発

農地利用権一括設定型大規模水田輪作営農のモデル化手法の開発

課題番号1992000263
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H04〜H05
年度1992
研究問題活力ある地域農業展開のための効率的農業生産体系の確立
大課題高収益農業経営の管理運営方式及び発展方式の確立
中課題農業経営の管理運営方式の確立
小課題農地利用権一括設定型大規模水田輪作営農のモデル化手法の開発
摘要国際的価格競争力をもちしかも経済的にも魅力ある大規模水田作経営を実現するため、水田輪作営農技術体系の開発・確立が進められている。特に大都市近郊地域では、零細な地権者の土地を集積し、担い手となる中核的農家が大規模機械化営農を行うことが必要である。本研究は、新しく開発される水田輪作技術の導入・定着の可能性を検討するため、時代の先端をいく地域的な土地利用調整方式(農地利用合理化法人等が零細な地権者の土地を集めて農地利用権を一括設定する)とそれによってできた大規模水田輪作営農の形成手順を明らかにする。さらに、高生産性・高収益性の実現できる大規模水田輪作営農のモデル化手法を開発する。
研究分担経営管理・耕種経営研(耕種比較班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031513
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat