大規模養蚕経営形成・展開のための農地流動化条件(241)

大規模養蚕経営形成・展開のための農地流動化条件(241)

課題番号1992000265
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題活力ある地域農業展開のための効率的農業生産体系の確立
大課題高収益農業経営の管理運営方式及び発展方式の確立
中課題農業経営の発展方式の確立
小課題大規模養蚕経営形成・展開のための農地流動化条件(241)
摘要群馬県下C蚕業事務所管内の年間上繭収穫量上位72戸を対象として、桑園借地、買桑等の実態を明らかにするとともに、養蚕経営を拡大するために農地流動化(借地)の促進を図る上で必要な条件を明らかにした。桑園借地面積は3t以上層では1戸当り53aと他の層に比較して大きく、規模拡大には桑園借地が重要な役割を果たしていることが明らかとなった。買桑換算面積は各層とも30〜45aあり、農地流動化の促進条件を検討する場合、買桑の存在も条件に入れる必要があると考えられる。なお、3t以上層は、家族・雇用労働力が他の層に比較して多い、「10a当り桑植付1,300本以上」の桑園比率が高い、など農業労働力、圃場整備の面で恵まれた条件となっている。
研究分担経営管理・養蚕経営研(養蚕方式班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031515
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat