農村施設整備の影響分析及び評価手法の開発(289)

農村施設整備の影響分析及び評価手法の開発(289)

課題番号1992000289
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題農村活性化のための農村計画方法の確立
大課題農村活性化のための総合的計画策定手法の確立
中課題農村における生産・生活環境の計画手法の開発
小課題農村施設整備の影響分析及び評価手法の開発(289)
摘要農道整備の影響評価手法開発のために必要な、農業施設の利用状況を考慮した農道の類型化手法を、山形県、茨城県および群馬県の5地区を対象とした調査・分析結果をもとに開発した。まず、農道を基幹的農道、幹線農道および支線農道に区分し、分析対象とする農業施設をその機能からそれぞれの農道区分ごとに選定する。その上で、都市と直結している幹線道路との接続状況、道路に沿接している施設数や道路を利用している地区内外の施設数などの評価項目によって農道を類型化する。また、その類型化のための手順も明かにした。この類型化により、農道類型ごとの適切な影響評価項目や手法を選択することが可能となり、よりきめ細かな分析・評価ができる。
研究分担プロチーム・プロ5
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031539
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat