水産物中の成分の記憶学習調節能(223)

水産物中の成分の記憶学習調節能(223)

課題番号1992003616
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の健全性に係わる成分の評価及び開発
中課題食品の生理機能成分の動物試験及び作用機作
小課題水産物中の成分の記憶学習調節能(223)
摘要水産物に多いドコサヘキサエン酸は、記憶学習能の向上に役立つことが推測されている。そこで、脳のドコサヘキサエン酸を増やすイワシ油食とドコサヘキサエン酸が欠乏するパ−ム油食をマウスに、1年間与え、迷路による記憶学習実験を行った。この実験では、1日絶水し、迷路の出口に水があるという条件付けをした後、それぞれの食餌群のマウスがスタ−トから出口に到達するまでの時間を測定した。その結果、両食餌群とも、2回目及び3回目の試行(パーム油食で平均45秒以下、イワシ油食で32秒以下)では、最初の試行(パーム油食で116±46秒、イワシ油食で61±16秒)よりも早く出口に到達した。しかし、特に2回目以後において、パ−ム油食群(45±11秒)に比べてイワシ油食群(32±10秒)の方が、より早く出口に到達する傾向を示した。このことから、ドコサヘキサエン酸が記憶学習能の向上に役立っていることがわかった。
研究分担食品機能・機能生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031561
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat