食品中の微量栄養成分の評価(225)

食品中の微量栄養成分の評価(225)

課題番号1992003618
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継S62〜H04
年度1992
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の健全性に係わる成分の評価及び開発
中課題食品の生理機能成分の動物試験及び作用機作
小課題食品中の微量栄養成分の評価(225)
摘要従来、リチウムは、生体における必須性が不明な元素とされていた。しかし、リチウムの摂取量が低下すると、行動異常が生ずることから、現在では、リチウムは必須元素として認められつつある。そこで、本年度は、各種食品中のリチウム含量を測定した。その結果、水産物以外の食品では、味噌(29ng/g)、野沢菜(14ng/g)、鶏骨(31ng/g)が比較的多くのリチウムを含有していた。水産物では、ワカサギ(74ng/g)、カキ(77ng/g)、アサリ(85ng/g)、焼ノリ(131ng/g)、コンブ(350ng/g)、スルメ(198ng/g)が、すべて、70ng/g以上と非常に高い含有量であった。このことから、リチウムの摂取には、水産物が適していることがわかった。
研究分担食品機能・機能生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat