NMRによる植物体内の生理的変化の解析(206)

NMRによる植物体内の生理的変化の解析(206)

課題番号1992003638
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H04
年度1992
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題物理計測法による品質評価法の改良、開発
小課題NMRによる植物体内の生理的変化の解析(206)
摘要これまでの研究において、1H−NMRイメージングにより、植物の体内における組織レベルでの生理的活性を非破壊で画像化して捉えられることを示してきた。今年度は装置の分解能を上げ、顕微鏡レベルで生体の生理的状態に関する情報を得るため、NMRミクロイメージング装置の開発を行った。開発した装置は直径10mmまでの試料を取り扱うことができ、平面分解能は最小で0.0125mmであった。また、最小のスライス厚は0.3mmとなった。本装置で測定した大麦の発芽種子やトウモロコシの幼茎のイメージは、顕微鏡画像によく対応した組織の情報を与え、これにより植物組織の生理的活性の形態を伴う顕微鏡的観察(20〜80倍)ができると考えられた。米、小麦、大麦における種子発芽時の胚乳の消費のしかたの違いや、発芽した大麦種子におけるMnの吸収の時間的推移を、明確な画像として捉えることができた。
研究分担流通保全・低温流通研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031583
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat