水の状態分析と計測技術の開発

水の状態分析と計測技術の開発

課題番号1992003642
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題物理計測法による品質評価法の改良、開発
小課題水の状態分析と計測技術の開発
摘要食品中の水の状態を分析する手法としてスペクトル分解法を用い、スペクトルの変化の定量化を行うため、純水のスペクトル分解を行った。純水の2次微分スペクトルから結合状態が異なると考えられる3つのスペクトルを初期値として計算を行ったが、最終的には5つの要素スペクトルに分割された。また、この要素スペクトルの構成数は近赤外領域のスペクトルにおける水に帰属する吸収帯においてほぼ同一であった。水の温度変化スペクトルの差スペクトルをスペクトル分解した結果から、これら5つの要素スペクトルの変化として解析できることが分かった。しかし、スペクトル分解法において分解されたスペクトルが最適であるかどうかは検定できないため、今後改善を行っていく必要がある。
研究分担分析評価・非破壊研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat