小麦のアミロース含量及びアミロ値

小麦のアミロース含量及びアミロ値

課題番号1992003645
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題物理計測法による品質評価法の改良、開発
小課題小麦のアミロース含量及びアミロ値
摘要小麦のアミロース含量はめん類の食感に影響する大きな要因であり、低アミロ値は収穫期の降雨被害による最大の品質劣化要因である。これらの特性を生産現場で迅速に測定・評価して原料の仕分けができれば、国産小麦の品質向上に大きく寄与するものである。そこで小麦のアミロース含量及びアミロ値を近赤外分光分析法で迅速に測定する技術を開発するため、産地、品種、生産年等の試料の来歴による変動、全粒粉、テストミルの60%粉等への試料処理方法が測定値に及ぼす影響、並びに測定環境条件による影響等を検討し、測定条件を確立する。
研究分担素材利用・穀類利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031590
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat