米(澱粉)の酵素処理による有用糖の生産(6)

米(澱粉)の酵素処理による有用糖の生産(6)

課題番号1992003656
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題糖質の特性解明と高度利用
小課題米(澱粉)の酵素処理による有用糖の生産(6)
摘要米澱粉からCDを生産する目的で耐熱性CD合成酵素活性を向上させる目的で酵素生産菌の改良を行った。まず、N−メチル−N’−ニト−N−ニトロソグアニジン処理により酵素生産菌に突然変異を起こさせ、澱粉加水分解力の強い突然変異株を検索した。65℃、48時間静置培養で元株の4倍以上の乾燥菌体当り83.THU/gのCD合成酵素活性を得た。本酵素は、元株酵素と同様に65℃で活性が高く、各CD生成比もα:β:γ=2:3:1でβ−CDを主に生成していた。しかし、バッチ式で酵素反応を行ったが2回目で約30THU/gに活性が減少するので、本酵素を菌体に固定化する必要がある。今後は、本酵素の菌体固定化と各品種米澱粉への酵素反応性を検討する。
研究分担理化学・炭水化物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031601
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat