高活性オリゴ糖生産酵素の探索と応用(154)

高活性オリゴ糖生産酵素の探索と応用(154)

課題番号1992003660
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継S59〜H04
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題糖質の特性解明と高度利用
小課題高活性オリゴ糖生産酵素の探索と応用(154)
摘要Pseudomonas sp.KO−8940の染色体DNAライブラリーより澱粉分解活性を指標としてマルトペンタオース(G5)生成酵素遺伝子をクローニングし、全塩基配列を決定した。本酵素遺伝子は、1,842塩基、NH2末端側にシグナル配列を含む614アミノ酸残基の前駆体をコードしていると予想された。塩基配列より予想されるアミノ酸配列中には多くのα−アミラーゼに認められる4つの 保存された配列が存在していた。また、COOH末端部分には生澱粉分解α−アミラーゼのCOOH末端部分と高い相同性を示す配列が認められた。G5生成酵素遺伝子をtacプロモターの直下に連結し、大腸菌での発現を試みた。その結果、発現量は、52.7IU/ml、G5生成酵素0.1g/Lに達した。この発現系は非常に効率よくG5生成酵素を生産可能で、その生産量はPseudomonas sp. KO−8940の約6倍であった。
研究分担理化学・炭水化物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031605
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat