米蛋白質の構造特性解析

米蛋白質の構造特性解析

課題番号1992003670
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題食品蛋白質の特性解明と高度利用
小課題米蛋白質の構造特性解析
摘要前年度に引続き、電気泳動によるタンパク質サブユニット組成の比較を行い、コメの主要な貯蔵タンパク質であるグルテリンとプロラミンの存在比を簡便に調べる方法を確立し、また新しく育種されたコメのそれらの組成比やその蛋白質組成に及ぼす栽培条件の影響を明らかにしようとした。その目的で水稲、陸稲栽培した同一品種及び、新形質米プロジェクトで栽培されたイネ種子からタンパク質顆粒を分離し、そのタンパク質サブユニット量比をSDS−PAGEとそのデンシトメトリーにより比較した。平板ゲルを用いて泳動、CBB染色した後、サブユニット間のデンシトメトリーにおける相関を見たところ、グルテリンの塩基性サブユニットは染色程度が一定しなかったが、酸性サブユニットは一定しており、グルテリン、プロラミンの比はグルテリン酸性サブユニットと16kDプロラミンサブユニットの比で示すことが最適であることが分かった。30品種の新形質米を比較すると、インディカ型は1.0−1.8の値を示すのに対して、ジャポニカ型は0.3−0.4の値を示し、プロラミンの割合が高い傾向であった。また、陸稲栽培(0.7−1.0)の方が、水稲栽培(0.5−0.7)よりもプロラミン含量が高い傾向であり、栽培条件が貯蔵タンパク質の含有比率に影響を与えると推定された。
研究分担理化学・蛋白質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031615
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat