機能性脂質の酵素的合成に関する研究(28)

機能性脂質の酵素的合成に関する研究(28)

課題番号1992003676
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題食品脂質の特性解明と高度利用
小課題機能性脂質の酵素的合成に関する研究(28)
摘要脂質分解酵素の合成活性や転移活性を利用し、脂質に水溶性活性物質を結合させることにより、抗酸化活性、乳化性、生理活性等の機能をもつ脂質に変換することを目的とした。N−長鎖アシルアミノ酸を加水分解するアシラーゼについて微生物を検索し、高活性菌株を分離した。本菌株の生産する酵素を分離精製後、その酵素化学的諸性質を明らかにした。すなわち、最適pHは8.5、Km値は0.21mM、分子量は19万2千で4個のサブユニットで構成されていた。また、N−アシル−L−ヒスチジン及びN−アシルカルノシンがツインや糖エステルなどの既存乳化剤の2倍以上高い乳化力を示し、第1鉄−アスコルビン酸による膜脂質の過酸化反応に対し、10−5濃度レベルで抗酸化性を示すことを明らかにした。
研究分担理化学・脂質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat