有色素米の色素の特性解明(67)

有色素米の色素の特性解明(67)

課題番号1992003687
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関農工研
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の利用技術の改良、開発
中課題穀類素材の特性解明と利用・加工技術の改良、開発
小課題有色素米の色素の特性解明(67)
摘要東糯396の抽出色素を、アビセルTLC(n−BuOH:AcOH:H2O=4:1:5)にかけ成分組成を検討したところ、Rf0.21付近に大きなスポットがあり、Rf0.26および0.30付近に比較的はっきりした副スポットが確認され、HPLCによる分析の結果と似ていた。HCl−MeOH抽出色素溶液のpH変化に伴う分光特性を検討したところ、pHが高くなるにつれ吸光度が減少し、pHが2.61を越えると色調が赤色から紫赤色に変化し、pH3.57からは赤紫色に、pH4.91からは青色、pH7.14以上では淡青色となり、アントシアニン系色素の一つと考えられた。色調の安定性は、HCl−MeOH溶液として5゜C以下では極めて安定であり1年以上大きな変化は認められなかったが、室温放置では1ケ月の間に褐変褪色が認められた。
研究分担食品工学・生体反応研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031632
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat