多機能キメラ酵素の分子設計

多機能キメラ酵素の分子設計

課題番号1992003721
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関
研究期間新H03〜H06
年度1992
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の利用技術の改良、開発
中課題低・未利用食料資源の評価と利用・素材化技術の改良、開発
小課題多機能キメラ酵素の分子設計
摘要Robillarda sp., Y−20のエンドセルラーゼのcDNAを前年度に取得し、このcDNAをプロ−ブとしてゲノムDNAライブラリ−から、ゲノミックDNAのクローニングを行なった。cDNAとハイブリタイズする約1.9kbのゲノミックDNAを得た。これの塩基配列中には、2ヶ所のイントロンが存在することがわかったが、本DNAがコ−ドする酵素蛋白のN末端側100アミノ酸残基に対応するDNA部分が欠落していたため、構造遺伝子を完全にカバーする断片を取得するに至っていない。また、cDNAの塩基配列と酵素タンパク質のN末端アミノ酸配列から推定した成熟蛋白の全アミノ酸配列をHydrophobic, Cluster, Model, (Henrisaat)によって解析すると本酵素は、Trichoderma reeseiのエンンドグルカナ−ゼと極めて類以した部分をもち、この部分が活性部位であると推定した。
研究分担素材利用・素材化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031666
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat