イチョウ組織カルスの誘導と培養(43)

イチョウ組織カルスの誘導と培養(43)

課題番号1992003761
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関農工研
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の加工・流通に係わる工学的技術開発
中課題食品素材の生物工学的生産システムの開発
小課題イチョウ組織カルスの誘導と培養(43)
摘要前年度までに、600ml(3Lフラスコ)レベルまでの安定した液体培養系のための諸元を設定したが、細胞塊が3mm以上となり、培養効率や操作性が悪かった。また、1〜3mm以下の細胞集塊は継代しても増殖しなかった。ステンレス製篩を用い繰り返し細胞を分画し、微小細胞集塊を集め培養を検討したが、母培養液の添加の有無に関わらずいずれの区画も細胞の生育はみられず、褐変し死滅した。そこで、固形培地培養保存株から液体培養系を新たに作出し、培養初期段階から細胞分画を行い、微小細胞集塊を順化させつつ培養を検討した結果、微小細胞集塊密度を高めることにより53〜500マイクロmの細胞塊を50ml(200mlフラスコ)レベルで2週間周期で培養できる系が得られた。
研究分担食品工学・生体反応研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat