DFA合成酵素の構造と機能(108)

DFA合成酵素の構造と機能(108)

課題番号1992003792
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題酵素利用技術の改良・開発
小課題DFA合成酵素の構造と機能(108)
摘要キクイモなどの植物に含まれる多糖類イヌリンに作用して、ビフィズス菌の増殖に関与する成分を作り出すオリゴ糖DFAI(ダイフラクトースアンハイドライドI)合成酵素について検討を行った。Arthrobacter globiformis S14−3株の DFA合成酵素を精製脱塩し、ペプチドシークエンサー (ABI 477A/120A)により、N端末領域の一次構造を決定した。得られた情報に基づき、アミノ酸配列に対応する遺伝子 DNAのコドンの縮重の少ない配列を選定した。化学合成により、オリゴヌクレオチドプローブを調製した。酵素生産菌 S14−3株のクロモソーマル DNAは、Marmurの方法によって調製した。クロモソーマル DNAの BamHI消化物に対して、前述の2種のプローブを用いてサザンハイブリダイゼーションを行った。その結果、目的の酵素遺伝子が4kbの BamHI フラグメント上にコードされていることが示された。
研究分担応微・酵素利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat