多面発現に関与する遺伝子の役割(109)

多面発現に関与する遺伝子の役割(109)

課題番号1992003802
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題有用微生物遺伝資源の探索・評価・保存
小課題多面発現に関与する遺伝子の役割(109)
摘要飼料添加用抗生物質バージニアマイシンおよび誘導因子IM生産菌Streptomyces virginiae MAFF 10−06014株より既に取得したIM欠損変異株U−782に,親株のIM生産遺伝子をショットガンクローニングで導入しようと試みた。親株の全DNAをMboIで切断し,10〜20kbのDNA断片を集め,大腸菌−放線菌のシャトルベクターpHJL401のBamHIサイトに組み込み,プロトプラスト化したU−782に導入した。チオストレプトン耐性となったコロニー約8000個を採って抗菌活性を調べたところ,抗生物質生産能が回復したクローンが3個得られた。
研究分担生物機能・分子機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031747
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat