放線菌における遺伝子発現機構の分子遺伝学的解析(130)

放線菌における遺伝子発現機構の分子遺伝学的解析(130)

課題番号1992003812
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題生体高分子機能の解明
小課題放線菌における遺伝子発現機構の分子遺伝学的解析(130)
摘要放線菌におけるキシロース代謝に関与するxyl遺伝子群の構成とキシロースによる酵素合成誘導機構を分子遺伝学的に解析することを目的とする。前年度のプラスミドの解析によりxylA(キシロースイソメラーゼの遺伝子)をクローン化したStreptomycesgriseofuscus S−41株は、潜在性プラスミドpYO1(15kb)を保有することがわかっていた。相補性試験によるxylAを含む5.7kbDNA断片上のxylA近傍の二つのオープンリーデイングフレームの機能解析にはプラスミド非保有株の取得が必要と考えられたため、S. griseofuscus S−41株のプロトプラストを再生することによりpYO1非保有株SN−410を分離した。SN−410株の胞子を紫外線またはニトロソグアニジン処理し、キシロース資化能が欠損した変異株を3株分離した。現在、変異株の生化学的性状を調べている。
研究分担応微生物機能・発酵細菌研微機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031757
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat