単細胞選抜等による担子菌株の純系化と特性育種

単細胞選抜等による担子菌株の純系化と特性育種

課題番号1992003839
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題細胞機能の解明及び改変
小課題単細胞選抜等による担子菌株の純系化と特性育種
摘要担子菌は、酵母や麹菌等の近縁有用微生物に比較して研究人口が少なく、そのユニークな生態・生理・遺伝特性の基礎データの集積が極めて少ない。研究間の比較が可能な、実験条件の明確な系の確立、その基礎となる各種の優良菌株の誘導を早急に行う必要がある。当室で行っている、各種食用菌培養、プロトプラスト化、アイソザイム分析、標識株誘導、子実体形成、胞子選抜、細胞融合、遺伝子導入等の手法や、蓄積データを生かして、優良実験株、育種資源として特色のある株、の誘導を目指し、その過程の中で、担子菌の特性も明らかにして行きたい。本年は、プロトプラスト選抜によるフェノールオキシダーゼ活性発現の差異、純系化、継代性等を検討する。
研究分担生物機能・細胞機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031784
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat