黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(24)

黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(24)

課題番号1992000974
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題草地生態系の解明と制御法の開発
大課題持続的生産のための草地生態系制御法の開発
中課題草地生態系の構成生物群の制御法の開発
小課題黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(24)
摘要黒ボク土地域の半自然草地の植生構成種29種から生物検定により摘出したアレロパシー発現候補種ハルガヤは、隣接するシバに対してアレロパシーを発現していると観察されたので、ハルガヤのアレロパシー物質について検討した。ハルガヤの植物体中に広く分布し、とくに葉に高濃度に含まれているクマリンが、シバに対する生育抑制効果及び低濃度域での自己生育促進効果からハルガヤのアレロパシー物質であると判定した。
研究分担生態・草地生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat