放牧草地におけるエネルギーと物質の流れの季節的変化(22)

放牧草地におけるエネルギーと物質の流れの季節的変化(22)

課題番号1992000976
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継S60〜H06
年度1992
研究問題草地生態系の解明と制御法の開発
大課題持続的生産のための草地生態系制御法の開発
中課題持続的生産のためのシステム制御法の開発
小課題放牧草地におけるエネルギーと物質の流れの季節的変化(22)
摘要1986年にコナラ林を伐採した後、1989年夏にロータリースラッシャー処理を行い、1990年から牛を放牧した野草地で、1991年に植物量調査を行った。放牧は4,5,7,9月の年4回、合計20日間であり放牧強度は500kg/頭の体重換算で351日・頭/年とした。この放牧条件で伐採跡地の草種構成はアズマネザサが約50%、ニガイチゴが約20%、ススキが約10%であった。年間の地上部生産量は、生存部の積み上げ法により求めると、480g乾物/mxmであり、ニガイチゴの生産量は約30%であった。一方、植物遺体の消失量は約300g乾物/mxmであり、生存部の変化から求めた生産量の約60%を占めた。
研究分担生態・生態シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat