芝草における損傷抵抗性の評価と組織構造との関連解明

芝草における損傷抵抗性の評価と組織構造との関連解明

課題番号1992001053
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題利用適性の評価・検定法の開発
小課題芝草における損傷抵抗性の評価と組織構造との関連解明
摘要植物の器官のうち葉は、直接踏圧を受けるため、踏圧による切断や擦れに対して抵抗性を持っていると考えられる。最初に、実際の踏圧状態における葉の損傷程度と、草種、品種間の損傷抵抗性の差異について顕微鏡で観察する。なお、損傷抵抗性の客観的評価と簡易検定のために、物理測定機器による評価法の開発を行う。また、損傷抵抗性の品種間差異を葉部の表面及び内部構造の観察によって推定する。
研究分担育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat