牧草飼料作物における有望系統の飼料成分分析(80)

牧草飼料作物における有望系統の飼料成分分析(80)

課題番号1992001058
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継S00〜S00
年度1992
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題優良品種の育成
中課題有望系統の飼料成分特性の評価
小課題牧草飼料作物における有望系統の飼料成分分析(80)
摘要国公立場所で育成されたイタリアンライグラスの有望系統、高系18、19、20号(北陸農試)、友系19、20号(茨城畜試)とそれらの標準、比較品種についてCP、ADF、NDF、セルラーゼ、アミラーゼ混合酵素による乾物分解率を測定した。極短期利用型の高系20号はCP、消化性ともにミナミアオバ、サクラワセと同等であった。短期利用型の高系18、19号は同時刈りではミユキアオバと同等であったが、出穂期刈りでは優った。友系19、20号はフタハル、エースに比べCP、消化性は番草により若干差がみられたが一定の傾向はなく、1〜5番草平均では消化性は同等でCPはわずかに劣った。
研究分担育種・育種化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat