放牧育成牛における住血原虫の感染実態と発病動態の検討(176)

放牧育成牛における住血原虫の感染実態と発病動態の検討(176)

課題番号1992001110
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関家畜衛試
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧家畜の損耗の要因解明と防除技術の確立
中課題放牧家畜の気象環境適応性と疾病防除技術の確立
小課題放牧育成牛における住血原虫の感染実態と発病動態の検討(176)
摘要小型ピロプラズマ病(小型ピロ病)が例年多発する公共育成牧場(2年継続して放牧している)において、3年間にわたり感染、発病の実態を調査した。その結果、小型ピロ病の発病のピークは年によりその時期が大きく異なることが明らかとなった。また、連続した2年間同一個体群を観察したところ、2年目に感染した個体群では1年目に感染した個体群に比べ、Ht値の低下する個体も少なく、低下の割合も小さな傾向が認められた。さらに、1年目の発病の程度が2年目の放牧期間の血液所見に及ぼす影響について観察したところ、1年目に発病した個体ではその程度にかかわらず、2年目はほとんど発病しないことが明らかとなった。
研究分担放牧利用・衛生管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031942
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat