妊振期の栄養量が多胎母牛の繁殖機能に及ぼす影響の解明(182)

妊振期の栄養量が多胎母牛の繁殖機能に及ぼす影響の解明(182)

課題番号1992001121
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関九農試
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題放牧家畜の繁殖管理技術の確立
小課題妊振期の栄養量が多胎母牛の繁殖機能に及ぼす影響の解明(182)
摘要分娩前90日間における妊娠期増給量の2倍量を濃厚飼料で与えた区(C区6頭)とヘイキュ−ブで与えた区(R区5頭)を設定し、交雑種の双子妊娠期の栄養量が代謝及び繁殖機能に及ぼす影響を検討した。C区は設計通りのエネルギ−摂取量を示し、90日間に1日当たり0.8kg増体した。一方、R区は妊娠日数の経過とともにエネルギ−摂取量が減少し、体重も減少傾向を示した。特にR区では分娩前45〜30日にかけて血清3−ヒドロキシ酪酸の増加と血清グルコ−スの減少がみられ、糖及び脂質の代謝不全を起こしていた。産子の生時体重はC区がR区より6kg重く、分娩後初回発情もC区が約2週間早かったが、C区では分娩時に全牛が助産を要した。
研究分担放牧利用・繁殖技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031953
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat