高泌乳繁殖牛の哺育・交配期の放牧技術の確立(185)

高泌乳繁殖牛の哺育・交配期の放牧技術の確立(185)

課題番号1992001124
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関九農試
研究期間継H03〜H06
年度1992
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題放牧家畜の繁殖管理技術の確立
小課題高泌乳繁殖牛の哺育・交配期の放牧技術の確立(185)
摘要交雑雌牛を利用した高泌乳繁殖牛の放牧による高位子牛生産技術を確立するために、それぞれ1.2haのペレニアルライグラス優占草地(PR区)とオ−チャ−ド・ト−ルフェスク優占草地(O・T区)に母子牛3組を濃厚飼料無給与で放牧し、母子牛の性能を比較検討した。母牛の分娩後6カ月間の体重減少と背脂肪厚減少はO・T区が大きく、蓄積エネルギ−の消耗が激しかった。分娩から初回発情及び受胎までの日数はPR区がO・T区に比べて1〜2週間早かった。また1日当たり授乳量及び哺乳子牛の6カ月齢間1日増体量もPR区がO・T区に比べて高い成績を示し、母子牛の性能はペレニアルライグラス草地の放牧が優れると考えられた。
研究分担放牧利用・繁殖技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031956
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat