急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(189)

急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(189)

課題番号1992001135
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関畜試
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題山地傾斜地を基盤とした肉牛の飼養管理技術の確立
小課題急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(189)
摘要急傾斜地における草の刈り取り貯蔵は困難であることから,13カ月齢の黒毛和種未経産雌牛14頭を供試して,早期入牧によるスプリングフラッシュの生産ピークを低下させるとともにTDN不足を補助飼料(ビートパルプ)で補う放牧方式を検討した.入牧から試験終了時までの211日間の1ha当りの増体量は補助飼料給与区が326kg,無給与対照区が274kgとなり,給与区が優れていたが,補助飼料により高水準のエネルギー摂取を保つことによる高増体には至らなかった.また,早期入牧によるスプリングフラッシュの生産ピークの低下は達成できた.
研究分担山地・家畜飼養研山地草地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031967
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat