レアメタル類の動態及び生体機能への影響の解明−土壌環境中における分布とその変動(15)

レアメタル類の動態及び生体機能への影響の解明−土壌環境中における分布とその変動(15)

課題番号1992000525
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農業環境資源の分類法の確立と賦存量の把握
中課題土壌・気候資源の賦存量の把握
小課題レアメタル類の動態及び生体機能への影響の解明−土壌環境中における分布とその変動(15)
摘要関東地方を主体とする21地点から層位別に採取した土壌試料を供試して(N=96),レアメタルの土壌断面内の垂直濃度分布を,非汚染土壌と重金属汚染土壌とに分けて考察した結果,次の事を明らかにした。非汚染土壌のレアメタルの分布については,かなりの深さまでほぼ均一に分布する。一方,重金属汚染土壌では明らかに表層集積を示すレアメタルとしてSb,Bi,InおよびUがみいだされた。土壌断面の分布パタ−ンから,外部からのレアメタルの土壌への負荷は,非汚染土壌に関する限り非常に低い水準にあることが分かった。
研究分担資材動態・微量要素研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031986
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat