トゲワセンチュウ類の分類・同定法の確立(21)

トゲワセンチュウ類の分類・同定法の確立(21)

課題番号1992000531
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農業環境資源の分類法の確立と賦存量の把握
中課題環境生物の分類・同定法の開発
小課題トゲワセンチュウ類の分類・同定法の確立(21)
摘要沖縄県石垣市のクワズイモ及び鹿児島県佐多町のダンチク根辺から検出されたワセンチュウは,Pateracepalanema属の未記載の種であった。本属は従来,オーストラリアのみから知られており,今回の記録が他地域から初めてのものである。また,本属は独立の属とする意見とOgma属の一部とする意見があったが,今回検出した幼虫の形態を調査した結果によると,Ogma属の中のCrossonema亜属に近似のものと判断された。
研究分担環境生物・線・動物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031992
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat