土壌生態系に関与する生理活性有機物質群の解明(46)

土壌生態系に関与する生理活性有機物質群の解明(46)

課題番号1992000546
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題土壌・水・気候資源の特性の解明と機能の評価
中課題土壌・水資源の化学的特性の解明と機能の評価
小課題土壌生態系に関与する生理活性有機物質群の解明(46)
摘要各種堆肥を施用してチンゲンサイを栽培したところ、堆肥無施用区に比べて根量が明らかに増大することが認められた。このような堆肥施用の根発達促進効果は、養分の供給や土壌の物理性改善効果のほかに、生理活性物質が関与するためと考えられた。そこで、バーク堆肥と黒ボク土を混合して培養し、各種の抽出を行い、根発達促進活性を有する物質の単離を試みた。しかし、堆肥混合土壌中には多数の根発達促進物質が存在し、各活性物質の存在量が少量であることから、単離・同定には至らなかった。本研究は今年度で完了とし、次年度より開始する新規課題「生理活性機能を有する有機資材の開発」において、さらに研究を発展させる。
研究分担環境資源・土壌有機研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032007
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat