植物の有する抗菌能の多様性の解明

植物の有する抗菌能の多様性の解明

課題番号1992000549
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題土壌・水・気候資源の特性の解明と機能の評価
中課題土壌・水資源の化学的特性の解明と機能の評価
小課題植物の有する抗菌能の多様性の解明
摘要抗菌物質を含有または分泌する植物を用いて土壌病害を防ぐ技術に関し、研究を進めている。ジャガイモそうか病菌(Streptomyces scabies)に対して抗菌活性を有する植物の検索を行った。その結果、特定の科に属する植物だけでなく、多種多様な植物がジャガイモそうか病菌に対して抗菌活性を示すことが明らかになった。乾燥することによって抗菌活性を示す植物もあれば、活性を失う植物もあった。乾燥および新鮮物ともに強い抗菌活性を示した植物は、ゲンノショウコ、ヒキオコシ、マンネンロウ、カワラケツメイ、ハブソウ、カンゾウ、シャクヤク、およびヘンルーダであった。特に、ヒキオコシ(葉)、シャクヤク(葉)、ヘンルーダ(葉・実)の抗菌活性は著しく強いことが示された。
研究分担環境資源・土壌有機研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032010
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat